耐震性の決め手、直下率を重視する滋賀の工務店

subpage01

熊本地震の被害調査において、地震被害に直下率が関係していることがわかってきました。


建築基準法では、床面積や見付け面積、屋根の重さによって定められる、筋違い壁などの耐震壁の設置が義務付けられています。

筋違い壁の設置に関しても、偏った配置をしないことが定められています。

滋賀の注文住宅が一般的になってきました。

しかし、直下率に関しては定めがありません。

滋賀の工務店の中には、直下率の重要性にいち早く気づき、対策を行っているところがあります。


元々、直下率の重要性を指定したのは京都大学の先生で、滋賀の工務店はその情報を得るのに、得やすい距離にあります。

直下率とは2階の壁に対する、1階の同じ位置にある壁の割合のことです。

2階に壁がある場合は、1階の同じ位置に壁があった方が地震に強いことを表しています。

建築基準法では、単に耐震壁の量と、配置のバランスのみを規制していますが、2階と1階の壁の位置を合わせることの決まりはありませんでした。



地震に対する建物の耐震性は簡単には決まりません。

大きな地震が起きるたびに、新しい発見があり、住宅の構造に取り入れられてきました。



滋賀の工務店の中には、建築基準法に先だって、直下率の向上に努めるところがでてきました。住宅に関しては国の効率よりも、民間の対策の方が進んでいます。建築主も先端の建築技術を理解することで、民間の最新技術の取入れを支持する必要があります。
建築基準法の規定に加えて、直下率を高めた住宅は、地震に対して安心できます。

大人の常識

subpage02

自分の住宅を建てのは、多くの人にとっては一生に一度のことです。住宅を建てることに関しての知識も経験もありません。...

NEXT

ためになる家

subpage03

住宅の建築を滋賀の工務店に依頼する場合に、押さえておきたいポイントがあります。滋賀の工務店の中には、デザイン性を重視するあまり、住宅の基本性能を疎かにしているところがあります。...

NEXT

家について情報

subpage04

滋賀の工務店と大手住宅メーカーには、本質的な差異があります。表面上のデザインや、工法の違いはさほどの差ではありません。...

NEXT

詳しく知りたいなら

subpage04

社会で有用な人として活動するには、プライベートを過ごす家庭の役割も重要です。「そろそろ一戸建てのマイホームを建てたい」と考えているなら、生活環境の良い場所に家族のニーズにかなった住宅を入手したいものです。...

NEXT